ココナッツオイルの効能と効果が凄い?

 

ココナッツオイル,ダイエット

 

ミランダ・カーも愛用中の海外や日本でも話題になっているココナッツオイルですが。

 

 

 

 

「ココナッツオイル」については、今までもメディアで多く取り上げられておりココナッツオイルのレシピ本なども出ていたりします。

 

 

 

大きな特徴は温度で状態が変化することです。約20℃〜25℃を境にして低温では固体になり、高温では液体になります。冬だと室内でも固まってしまうので注意は必要です。この固まったココナッツオイル、食べてもけっこう美味しいので頂いたりします。

 

おすすめは、温かいミルクティーやココアでしょうか。

 

 

 

また固まっても「ココナッツオイル」は劣化したり品質が落ちたりは無いの心配無用です。常温保存でも2年程度は使用できますよ。
ココナッツオイルを溶かすことで再びオイルとして使うことも可能です。手鍋に水またはお湯をはり、湯せんで50度のお湯になるとオイルに変化します。

 

 

 

 

 

同じような性質を持つのがバター・ラード・牛脂ですね。共通していることは「飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)」を多く含んでいる点です。日々あまにに多くを摂る事はおすすめできません。何でも適量が良いでしょう。

 

 

 

 

 

日々吸っている酸素の一部が、活性酸素を作り出し、それが細胞を攻撃するために、肌が衰えたり、病気になる事はご存知だと思います。

 

特に女性は30代後半からアンチエイジングにがんばらなくてはいけません。抗酸化や酸化を防ぐことが必要でしょうね。実はココナッツオイルには強い抗酸化作用があります。そのため年を重ねていっても、潤いのあるお肌を取り戻せる可能性があります。

 

 

 

ココナッツオイル良いのか悪いのかもっと知りたい

 

 

 

ココナッツオイルの効能と効果

 

ココナッツオイルは色んな効能があります。身体に良いスーパーオイルと言えるでしょう。

 

 

       「では」

 

オイルなのに、いったい何に良いの?

 

 

調べてみると下記の様な効果があります。

 

 

 

 

 

@ダイエット効果

 

A抗酸化作用で美肌効果

 

B認知症の改善と予防効果

 

 

 

 

 

そこでそれらの詳細を調べてみました。

 

 

 

ダイエットでは?

 

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類しています。

 

中鎖脂肪酸は牛脂やラードといった動物性脂肪の燃焼を促進し助けてくれます。この事から、体についてしまった体脂肪を減少させる効果があります。その点もダイエットに効果的と言えるでしょう。

 

 

 

例えば代謝で、ブドウ糖を使ってしまうと、血液中のブドウ糖が低下するので脳は「お腹が減った」と感じます…
すると、当然食欲がわいてきますよね。

 

そうなると、何かを食べてしまう(仮にパンケーキや菓子)  ⇒  体重の増加という流れになりなります。

 

 

なかなか痩せる事ができなくなります・・・。

 

 

 

この流れを断ち切る見方がココナッツオイル

 

 

中鎖脂肪酸は、普通の植物油の半分ほどの飽和脂肪酸のことで、吸収が早くてすぐエネルギーとなるので体内に蓄積されにくい特徴があります。

 

一般の食用油に含まれる長鎖脂肪酸は、身体に吸収された後は、『リンパ管、静脈を通って脂肪組織だとか筋肉・肝臓』に運ばれて分解などして、体内に貯蔵されます。

 

これらは必要に応じてエネルギーになるけれど使わないとドンドンたまってしまいます!…

 

 

しかし中鎖脂肪酸は、肝臓へ通じる門脈を経て直接肝臓に運ばれるので、効率よく分解されてエネルギーになります。
<1部引用>

 

この点でもココナッツオイルはダイエットに役立つと注目されてるのです。

 

ココナッツオイルって素晴らしいでしょ!

 

 

 

 

 

 

抗酸化作用で美容、美肌♪

 

 

ココナッツオイルにふくむ抗酸化作用は、体内で発生する活性酸素を除去してくれます。
それは主に抗酸化酵素という酵素によって行われており、「この酵素を活性化するのがココナッツオイル」が持つ中鎖脂肪酸なんです。

 

 

 

認知症の欄でも書いていますが、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸が体内でケトン体になるので、そのケトン体が持つβ-ヒドロキシ酪酸が抗酸化酵素の働きを強力にバックアップしてくれるのです。

 

抗酸化酵素が活発になり体内の活性酸素を除去

 

そこで動脈硬化、生活習慣病なども防いでくれて、お肌改善、アンチエイジング、アトピー性皮膚炎の改善などの効果をもたらしてくれます。

 

 

 

 

 

認知症予防効果!?

 

 

平成も終わりを迎えようとしている2018年-2019年

 

 

加速的に高齢化社会になる日本、何とか元気で歩け食もすすむオジィ、オバァになりたいです。

 

その点も改善し予防をしていきたいですね。

 

 

 

 

ココナッツオイルで活き活き生活

 

認知症は脳のエネルギーのブドウ糖を上手に使えなくなりアルツハイマー病に進んでいくと考えられています。

 

そんなエネルギーの元ブドウ糖の代わりになってくれるココナッツオイルの中鎖脂肪酸、これは肝臓で分解できるケトン体なの♪ このケトン体が、エネルギーになることで それらの認知症予防と1つの改善につながるようです。
この効果を知り介護施設などでも採用されてきています。

 

「良いと思う」

 

 

 

 

 

 

 

ココナッツオイルは良いと思う

 

ローラも使うココナッツオイル。

 

ミランダ・カーも愛用しているしね♪(ミランダカーは、非加熱で無添加のヴァージンココナッツオイルがおすすめだそうです)

 

(´▽`*)/

 

 

ココナッツオイル,ダイエット

ちなみに激しい運動は活性酸素を過剰に発生させ酸化を増幅させてしまいます。

 

逆に、適度な運動は健康の維持増進のためには良いとされています。

 

 

ココナッツオイル,ダイエット

 

今話題のケトン体でココナッツオイルダイエット

 

 

・私は、ココナッツオイルをおすすめします!  

 

 

 >次の「ヴァージンココナッツオイル」のページへ...