トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸とは?

 

国際機関が生活習慣病予防のために開催した
専門家の会合「食事、栄養及び慢性疾患予防に
関するWHO/FAO合同専門家会合」では、

 

トランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の
1%未満とするよう勧告している。

 

 

 

日本人でも食事からとる脂質の量が多い場合には、
トランス脂肪酸をとる量も多くなることが報告されています。

 

そのため、食塩や脂質を控えめにし、いろいろな
食品をバランスよく食べるという食生活指針の基本
を守れば、トランス脂肪酸によって心臓病のリスク
が高まる可能性は低いと推定されます。

 

 

 

農林水産省では、健やかな食生活を送るためには、
トランス脂肪酸という食品中の一成分だけに着目するの
ではなく、現状において日本人がとりすぎの傾向にあり、

 

生活習慣病のリスクを高めることが指摘されている脂質
そのものや塩分を控えることを優先すべきと考えています。

 

 

しかし、トランス脂肪酸については、食品からとる
必要がないと考えられており、むしろ、とりすぎた場合の
健康への悪影響が注目されています。

 

                   <農林水産省ページより!>

 

 

ミランダ・カーも愛用
トランス脂肪酸0%の

 

オーガニックエクストラバージンココナッツオイル