チアシードはアンチエイジング オメガ3

・大丈夫なの?子顔・ダイエット法チアシードからココナッツオイルまで、効果がよい事で知られる・ダイエット方法。すごい食品もあるようですが、実際はどうなのか?・テレビの情報番組などでも子顔から プラセンタ・プエラリア、バストアップまでホントいろいろ紹介されていますね。 日本でも昨年はチアシード、ココナッツオイルがブレイク@コスメで口コミでも評判がいいダイエット、しかも栄養価のバランスも良いと言われる商品(サプリメント)まで、 自分なりに調べてチェックしてみてました。(´▽`*)/

チアシードでアンチエイジング(チアシードのオメガ3)

 

チアシード,オメガ3

 

 

オメガ3脂肪酸(α−リノレン酸)は、人の身体にとって
重要な必須脂肪酸がたくさん含まれています。

 

オメガ3・αリノレン酸はアンチエイジングにも効果的。

ストレスなどの影響はアンチエイジングの敵!

 

よって体内で増えた老化の原因となる活性酸素

 

この働きを抑え、抗酸化力(アンチエイジング)にとっても
すぐれ、美肌・健康美、細胞の活性に役立つのがオメガ3です。

 

 

チアシードの中にはどのくらいのオメガ3があるの?

・チアシード大さじ一杯の中にはで2.14gのオメガ3が含まれています。
 だから厚生労働省が推奨するオメガ3の1日の摂取基準値もクリア!

 

・男性2.1〜2.4g
・女性1.8〜2.1g

 

  

チアシード,オメガ3

 

その他、オメガ3に期待できる事とは?

 

善玉コレステロール(HDL)を高める、血圧を下げてくれたり
オメガ3由来のプロスタグランジンの抗凝固作用により血栓を防ぐと言われいます。

 

拮抗作用によりオメガ6由来のプロスタグランジンの
ガン細胞の増殖を促す働きに.対抗してくれる。とても有難い成分

 

拮抗作用によりオメガ6由来のロイコトリエンの炎症反応に対抗し
脳細胞の神経伝達を担う受容体にも欠かせない栄養素です。
  (うつ、認知症の予防にも期待できる)

 

 

注意する所はオメガ3の栄養成分は熱に弱く、高温になると
酸化して、αリノレン酸の働きがなくなってしまいます。
出来るだけ、四十℃以上に加熱はしない方が良いでしょう。

 

 

TOPページに戻る>>