チアシードの栄養価

チアシードは栄養価が高いことからスーパーフードと呼ばれています。

チアシード,栄養価

 

無臭で無味のチアシードにはどんな栄養価が詰まっているのでしょうか?

 

下記に記載ありますが、驚くほどの栄養価がチアシードには含んでいます。

 

 

 

☆チアシードその栄養価

 

たんぱく質・8種類の必須アミノ酸(イソロイシン、ロイシン、バリン、
リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン)

 

必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)が20%強

 

食物繊維が40%を占める(水溶性・不溶性を両方含む)

 

ビタミン(ビタミンB群・ナイアシン)

 

☆その他に下記の栄養素が入っています。

 

ミネラル

 

カルシウム(牛乳の6倍)

 

リン(牛乳の11倍)

 

カリウム(牛乳の4倍)

 

鉄分(ほうれん草の6倍)

 

亜鉛(アーモンドの1.4倍)

 

マグネシウム(アーモンドの1.3倍)

 

 

チアシード,栄養価

これだけの栄養価が自然で作られるのですから、
まさに自然が生んだ宝物ですね!

 

 

しかも多くの植物の種子は殻のままでは消化できませんが、
チアシードはなんと殻のまmでも消化できるので面倒なこともせずに

 

そのまま食べる事も出来てしまう手軽さが良いです。

 

 

 

食物繊維が多いいので便秘解消にも期待が出来ます。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防にもうつ病の軽減、

 

貧血やにも効果があると言われいます。とくに免疫力をサポートする
亜鉛もたっぷりと含まれています。

 

ですので、疲労回復効果も期待出来ます。

 

 

 

そして人に必要な必須アミノ酸9種類の内8種類を
チアシードだけでことたりるので大変便利なんですよ。

 

 

そのまま食べても問題ないですが、無味であまり美味しくないので

 

スムージーに入れたり、サラダにつけて食べたりして
食べるといいと思います。

 

チアシード,栄養価

 

飲んでふくらむ!【すらっと!置き換えフルーツティーダイエット】

 

チアシード,栄養価